ワールドプレミアの新馬データです。父馬の種牡馬成績、母馬の牝系といった血統情報、馬主や調教師の近年の成績、一口馬主ユーザーからの評価など、pogやクラブ募集馬の出資に検討に役立つデータが満 … ワールドプレミア: 武豊: 第79回(2018) フィエールマン: c.ルメール: 第78回(2017) キセキ: m.デムーロ: 第77回(2016) サトノダイヤモンド: c.ルメール ワールドプレミアの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 ワールドプレミアは父ディープインパクト、母マンデラ、母の父Acatenangoという血統。昨年の菊花賞(GI)覇者で、続く有馬記念は3着。前走ジャパンC(GI)は11ヶ月ぶりの復帰戦で6着だった。通算成績 … 2019.12.23. 2019年11月3日. 丸が練習に初参加、岸孝之が復帰 本番に向けて芝や風の確認も行う. 馬名の意味は「世界のエース」。名付けたのは本馬の一口馬主でもあり、本馬の全弟で2019年の菊花賞馬ワールドプレミアなどを所有する税理士の大塚亮一氏である。 2020.07.25. ワールドプレミア(英:World Premire、港:世界首映)[1]は日本の競走馬。2019年の菊花賞の勝ち馬である。, なお、同名の競走馬が過去に中央競馬に存在していたが[注 1][2]本項では2016年生まれの同名の競走馬について記述する。その他、イギリスにおいても1993年に生産された「World Premire」という競走馬が存在した [3]。, 2016年7月に北海道苫小牧市で開催されたセレクトセールに上場され、大塚総合税理士法人代表の大塚亮一に2億4000万円で落札された[4]。「世界規模での上映会を目指して」[5]という由来から「ワールドプレミア」と名付けられ、栗東の友道康夫厩舎に入厩する。, 10月21日に行われた京都競馬場の2歳新馬戦に武豊を鞍上に迎えて出走。「伝説の新馬戦[注 2]」とも呼ばれるこの条件 (4回京都第3週、菊花賞当日の芝外1800m の新馬戦競走のこと)の一戦で1番人気に応えてデビュー戦を勝利する[6]。重賞初挑戦となった京都2歳ステークスではクラージュゲリエに次ぐ2番人気に推されたが、その3着に敗れた[7]。, 年明け初戦は条件戦のつばき賞に出走。2番人気となったがレースでは直線で2着ユニコーンライオンを退けて2勝目を飾る[8]と、続いて出走したリステッド競走の若葉ステークスでも若駒ステークスを快勝したヴェロックスに次ぐ2番人気に推されたがその2着に敗れた[9]。, 次走には青葉賞 (GII)を予定していたが、ソエのため出走を見送り、春の全休が決まった[10]。, 復帰戦の神戸新聞杯では皐月賞馬サートゥルナーリア、本馬が出走しなかった皐月賞や日本ダービーで善戦した先述のヴェロックスに次ぐ3番人気に推された。レースはサートゥルナーリアが快勝。本馬はヴェロックスに続く形で3着に入り、菊花賞への優先出走権を獲得した[11]。, そして迎えたクラシック最後の一冠菊花賞にはサートゥルナーリアが天皇賞(秋)を目指し、ダービー馬ロジャーバローズが屈腱炎により既に引退していた為、皐月賞馬、ダービー馬共に不在となり混戦模様となった中で3番人気に推された。レースでは直線で先頭に立って、外から猛然と追い上げた8番人気サトノルークスをクビ差凌いで優勝、重賞及びGI初制覇を成し遂げた[12]。鞍上の武豊は本馬の父ディープインパクトで制覇して以来の菊花賞5勝目を果たすと共に、最年長50歳での菊花賞優勝、昭和・平成・令和の3元号全てで菊花賞制覇を達成した初めての騎手となった[13]。調教師の友道康夫は、この勝利で自身の管理馬による牡馬クラシック三冠制覇を達成した[14]。, 次走は第64回有馬記念に出走。武豊にとっては史上初の3元号での同競走騎乗[15]となり、圧倒的支持を集めたアーモンドアイ、GI競走2連勝中のリスグラシュー、サートゥルナーリアに次ぐ4番人気に推された。レースではスタートが決まらず後方からの競馬となるも、鞍上が「決め打ちしかチャンスがない」[16]と判断し、最後方に待機して前を追走。アエロリットがハイペースで逃げ、結果的にはアーモンドアイ含めて先行勢が総崩れ[17]となる展開の中、最後の直線で脚を伸ばし、優勝したリスグラシューには離されたものの2着サートゥルナーリアにクビ差の3着となった[18]。, 有馬記念終了後、「春は天皇賞春、秋は天皇賞秋とジャパンカップを目標に」と公表されたが[16]、4歳を迎えた2020年2月21日、体調が整わないため、天皇賞春を回避することが発表された[19]。, 第3回 テツザクラ / 第4回 セントライト / 第5回 ハヤタケ / 第6回 クリフジ / 第7回 アヅマライ / 第8回 ブラウニー / 第9回 ニユーフオード / 第10回 トサミドリ, 第11回 ハイレコード / 第12回 トラツクオー / 第13回 セントオー / 第14回 ハクリヨウ / 第15回 ダイナナホウシユウ / 第16回 メイヂヒカリ / 第17回 キタノオー / 第18回 ラプソデー / 第19回 コマヒカリ / 第20回 ハククラマ, 第21回 キタノオーザ / 第22回 アズマテンラン / 第23回 ヒロキミ / 第24回 グレートヨルカ / 第25回 シンザン / 第26回 ダイコーター / 第27回 ナスノコトブキ / 第28回 ニツトエイト / 第29回 アサカオー / 第30回 アカネテンリュウ, 第31回 ダテテンリュウ / 第32回 ニホンピロムーテー / 第33回 イシノヒカル / 第34回 タケホープ / 第35回 キタノカチドキ / 第36回 コクサイプリンス / 第37回 グリーングラス / 第38回 プレストウコウ / 第39回 インターグシケン / 第40回 ハシハーミット, 第41回 ノースガスト / 第42回 ミナガワマンナ / 第43回 ホリスキー / 第44回 ミスターシービー / 第45回 シンボリルドルフ / 第46回 ミホシンザン / 第47回 メジロデュレン / 第48回 サクラスターオー / 第49回 スーパークリーク / 第50回 バンブービギン, 第51回 メジロマックイーン / 第52回 レオダーバン / 第53回 ライスシャワー / 第54回 ビワハヤヒデ / 第55回 ナリタブライアン / 第56回 マヤノトップガン / 第57回 ダンスインザダーク / 第58回 マチカネフクキタル / 第59回 セイウンスカイ / 第60回 ナリタトップロード, 第61回 エアシャカール / 第62回 マンハッタンカフェ / 第63回 ヒシミラクル / 第64回 ザッツザプレンティ / 第65回 デルタブルース / 第66回 ディープインパクト / 第67回 ソングオブウインド / 第68回 アサクサキングス / 第69回 オウケンブルースリ / 第70回 スリーロールス, 第71回 ビッグウィーク / 第72回 オルフェーヴル / 第73回 ゴールドシップ / 第74回 エピファネイア / 第75回 トーホウジャッカル / 第76回 キタサンブラック / 第77回 サトノダイヤモンド / 第78回 キセキ / 第79回 フィエールマン / 第80回 ワールドプレミア, 日本競馬においては、顕著な活躍(GI・JpnI級の競走優勝、あるいは主要国際競走優勝馬と同じ馬名)や種牡馬登録などによって保護された馬名以外は、登録抹消後に一定期間を経れば再利用することができる。, 【若葉S】ワールドプレミアしぶとく伸び2着 つかんだ皐月賞優先出走権 | 競馬ニュース, 【神戸新聞杯】ワールドプレミアが3着で「菊切符」ゲット 武豊「距離は問題なかった」 : スポーツ報知, 【菊花賞】ワールドプレミアが悲願のV 武豊、父ディープにささげるV導く(スポニチアネックス), 【有馬記念】ワールドプレミア納得3着 豊の作戦はまった「ためるだけためて」 | 競馬ニュース, 【有馬記念】アーモンドアイまさかの9着で初の馬券圏外 ルメール「冷静に走れなかった」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワールドプレミア_(競走馬)&oldid=80660907. ... <京都5r> メイクデビュー京都2歳新馬「ワールドプレミア/武豊」※ワールドエース全兄弟 2018/10/21. ワールドプレミアの血統・競走成績. イノセントワールド 〜全成績〜 ウェルカムトゥスタホースカジーノのお姉さんをどうやったら落とせるか試行錯誤しているイノセンです! season4初の発動馬でありながら、 ワールドプレミアの血統・競走成績. ワールドエース (英: World Ace) は日本の競走馬。 主な勝ち鞍は2012年のきさらぎ賞、2014年のマイラーズカップ。. 記録・成績. 2020.11.16. 通算成績 4000勝全リスト ... ワールドプレミアは初の重賞勝利がg1制覇という快挙で、ワールドプレミアを所有する大塚亮一氏も嬉しいg1初勝利となった。 【データで見る】ワールドプレミアの血統、戦績 【レース結果】ジャパンカップ・G1の成績(全着順) 【チャンピオンズC】チャンピオンズカップ・G1の登録馬&想定騎手 ワールドプレミアの血統やレース結果、各条件ごとの成績などを掲載しています。 ... 武豊騎手騎乗予定のワールドエースの全弟ワールドプレミアが中心 (スポーツ報知) 2018-11-18 21:53:14. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ワールドプレミアの血統情報:全競走成績に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 ワールドプレミア(英:World Premire、港:世界首映) は日本の競走馬。 2019年の菊花賞の勝ち馬である。. 昨年の菊花賞馬ワールドプレミア(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は15日に帰厩し、11月29日に東京競馬場で行われるジャパンC(GI・芝2400m)に向かう予定。 2019.02.16 つばき賞. 2018.10.21 2歳新馬 <京都5r> メイクデビュー京都2歳新馬「ワールドプレミア/武豊」※ワールドエース全兄弟 … 先団を見ながら内で脚をため、うまく経済コースを立ち回った3番人気ワールドプレミアが、追いすがる8番人気サトノルークスを首差抑え、G1初挑戦で初制覇を果たした。勝ち時計は3分06秒0。鞍上の武騎手は88年のスーパークリーク、96年ダンスインザダーク、00年エアシャカール、そして05年ディープインパクトに続く5勝目を挙げ、自らの持つ菊花賞最多勝記録を更新した。なお、1番人気のヴェロックスは3着だった。, 7番人気の伏兵フィエールマンが接戦を制した。休み明けで初のG1挑戦が菊花賞だった。ルメール騎手を背にスローペースの中、中団を追走。直線で馬群から抜け出すと、ラストはエタリオウとのたたき合い。わずか鼻差で差し切りVを決めた。キャリア4戦目での菊花賞制覇は歴代最少キャリア。2着は2番人気エタリオウ、3着は10番人気ユーキャンスマイル。なお、1番人気のブラストワンピースは4着に敗れた。, 雨中の泥沼と化した馬場に、台風21号接近による強風も吹き荒れる最悪な状態。逃げるマイスタイルが2周目の3コーナーで力尽き、先行馬が脱落していった。坂を下った残り800メートルで前後が入れ替わるようにダンビュライト、クリンチャー、ポポカテペトルが前に出る中、大外から脚を伸ばしてきたのがG1初出走のキセキ。力強い走りで差し切り、鞍上のM・デムーロ騎手は、左手の人さし指を立て、「NO・1」を示しながら2馬身差でゴールした。, 2周目の向正面過ぎあたりから、1番人気サトノダイヤモンドが動き出した。その直後にいた2番人気ディーマジェスティも、それを追って外から並びかけるように前へと進出。直線、ラチ沿い進路を取って粘り込みを図るミライヘノツバサとは内外離れた馬場のど真ん中から、サトノダイヤモンドが残り300メートルで先頭へ躍り出た。内からエアスピネル、外からディーマジェスティ、レインボーラインが追い込んで来たが、ラスト100メートルですでにセーフティーリード。3分3秒3で3冠最終戦を制した。, スピリッツミノルがハナに立つと徐々にペースを落とし、直後に中団から早めに各馬が動いて一気にペースが上がるなどかなりの乱ペースとなった。そんな中内でじっとしていたキタサンブラックが、ラスト1ハロン過ぎに内から先頭へと立ち、追いすがるリアルスティールを首差振り切った。レース後は北島三郎オーナーの「まつり」の歌声が京都競馬場を包んだ。, 好位の内にトーホウジャッカル。その外にダービー馬で1番人気のワンアンドオンリーがつけた。4角ではほとんどの有力馬が好位に進出。直線入り口でトーホウジャッカルが抜け出し、内を伸びたサウンズオブアースを抑えた。ダービー馬ワンアンドオンリーは伸びを欠き9着。, 皐月賞馬、ダービー馬が不在で、ともに2着のエピファネイアが断然人気。折り合い面に課題のあった同馬だが、ここでは好位3番手にスムーズに付けた。その時点で勝負あり! 直線でバンデを早めにかわし、追い込んできたサトノノブレスに5馬身差をつけた。, ダービー1〜4着馬が不在で、皐月賞馬ゴールドシップが単勝1.4倍と断然の1番人気。スタート後、すぐに最後方まで下げたゴールドシップだが、2周目の3コーナーから仕掛け、直線入り口で先頭という強気の競馬で他馬を寄せ付けず、2冠目を手中にした。, オルフェーヴルの3冠達成に注目が集まった一戦。単勝1.4倍という断然の人気を背負ってのレースだったが、終わってみれば道中折り合い、直線入口で先頭に並びかける王道レース。ウインバリアシオンに2馬身半差をつけ、史上7頭目の3冠馬となった。, 皐月賞馬ヴィクトワールピサ、ダービー馬エイシンフラッシュがともに不在。コスモラピュタが好スタートを決めて2番手以下を引き離す。その3番手を進んだビッグウィークが、3角過ぎからロングスパートを決め、1番人気ローズキングダムの強襲をしのいだ。, ※ここではレースの格付がG2からG1に昇格した1990年以降の歴代優勝馬を掲載しています。, ◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。また、ニッカンID以外のログイン及び決済関連については、各関連会社へお問い合わせ下さい。, (C)2020,Nikkan Sports News. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. ワールドエースの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 2019.12.23. 菊花賞馬ワールドプレミアが有馬記念で道中シンガリ追走、直線で大外をぶん回しグングン加速すると2着サートゥルナーリアにゴール前迫る走りで3着入線を果たした。武豊騎手お得意の決め打ち騎乗で、ペースもハマっての好走だった。 プレミア12開幕戦を翌日に控え公式練習 ベネズエラも打倒日本に虎視眈々. クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています 騎乗予定・成績ジャパンカップ(gi)ワールドプレミア騎乗予定・結果はこちら>> トップ. ワールドプレミアの競走馬データです。競走成績や三代血統表はもちろん、投稿掲示板や次走報・競馬japanオリジナルのワールドプレミアに関する特徴と個性など情報が満載です! gi騎乗成績.
2020 ワールドプレミア 全 成績