これを長くしようと考え始めて、 少し極端ですがわかりやすいようご説明いたします。 まずダーツの飛距離はリリースポイントで調整するのが基本です。 手を振りかぶる という考え方を説明しましたが、 ダーツのコツがわかったところで、次は実際にダーツの練習を行っていきましょう。 やはり上達に近道はなく、ひたすら練習あるのみです。 ダーツはただ闇雲に投げ続けるだけでは上達できません。今回は素振りや練習メニュー、ゲームごとの練習方法など、効率的なダーツの練習方法を細かく解説していくので、ダーツを上達させたい人はぜひ参考にしてみてください。 ダーツ初心者必見!!ダーツの腕が上達する練習方法をご紹介します。最初の練習方法によっては上達のスピードが変わってきます。初心者として最初に設定すべき目標はズバリ!!カウントアップ500以上です。これが簡単そうでかなり難しい目標をクリアするコツや方法がこの記事で。 「最短で上達する投げ方を身につけたい」このような思いに向けて、ダーツの投げ方の基本から、最短で上達する5つのポイントをご紹介します。試して練習していただければきっと上達を実感いただけるは … (テイクバック後)からしか出来ませんが、 11月9日 ダーツ練習メモ ※リリース時の手首の力と脱力トレーニング ダーツにハマった男みぞれがAフライト目指してます! ダーツ上達のための武器 Items ダーツを投げるために構える(=ユーミング)、腕を引く(=テイクバック)、投げる(=リリース)、投げた後の脱力(=フォロースルー)です。 1つ1つの流れを確認していくために、この4ステップにダーツの動きを分割して練習するのもコツの1つです。 プロダーツプレイヤーはどのような練習を普段しているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); Point! ダーツの投げ方のおすすめのコツとして、5つのポイントが挙げられます。そのダーツの投げ方の5つのコツである腕の使い方やスタンスなどについて詳しく解説します。しっかりと投げ方のコツを理解して、上手に投げる方法を習得しましょう。 ダーツが初めての人や、まだまだこれから、という人達は「どうしたらいいのか」が判らず「とりあえず教えられたフォーム」「誰かの真似をしたフォーム」で投げ続けてしまいがちです。. 自分にあったテイクバックの仕方を 『ダーツを離す』のではなく 瞬時に数々の補正をしながら ダーツを投げる際、当然ながら最も大切な要素となってくるのがリリースです。 他がどれだけ完璧に出来ていても、リリースが出来ていなければ全て無意味になってしまいます。 少し難しい話になっていま … 投げる動作(指を離す動作)に 早く離そうとしてみると ダーツの練習方法. ダーツを投げるために構える(=ユーミング)、腕を引く(=テイクバック)、投げる(=リリース)、投げた後の脱力(=フォロースルー)です。 1つ1つの流れを確認していくために、この4ステップにダーツの動きを分割して練習するのもコツの1つです。 ただ離すだけのリリースとは、手首をほとんど使わずにリリースタイミングで指をパッと離すだけのリリースです。 これはあくまで僕の感覚ですが、スイングと呼ばれるタイプの投げ方をする人に向いている方法だと思います。 プッシュタイプでも可能ですが矢先がぶれてグルーピングが悪くなるかもしれません。 『遅く腕を振っているのに何故かダーツが早い』 ダーツが上達するポイントの一つにリリースがあります。リリースを意識することでダーツの精度が上がります。その他にもダーツの上達のコツを紹介します。伸び悩んでいる人は参考にしてください。 ダーツが思いっきり下にいってしまうときってありますよね。 そういったときは、強く握りすぎるために、ダーツを離すのが遅れ、結果、リリースするタイミングが遅れて下に飛んでしまうことが多いです。 ダーツは強く握れば握るほど飛ばなくなります。 ダーツの投げ方のおすすめのコツとして、5つのポイントが挙げられます。そのダーツの投げ方の5つのコツである腕の使い方やスタンスなどについて詳しく解説します。しっかりと投げ方のコツを理解して、上手に投げる方法を習得しましょう。 坂口プロの練習法はいかがでしたか? それぞれのメニューに深い意味があり、世界の舞台でも勝てるように意識していることが伝わってきました。 ダーツを投げる際、肘を上げながら押し込むように・送るように投げる投げ方をプッシュタイプと言います。 特徴としてはダーツは比較的直線的に飛んでいきます。 リリースポイントに頼らず、肘を使う事で比較的楽にグルーピングを上げる事も可能。 (テイクバック)している間は 考えることなので、, 今回の リリースの際に手をパーにする意識を持ってみましょう。 あとは、「ダーツを指に乗せるだけ」の意識を持って、指を脱力しましょう。 「構えた時に、ダーツを後ろから引いたらすっと抜けるか、軽く指に引っかかる」程度の脱力加減が目安です。 ダーツが上に飛び抜けてしまうように 『遅く離す』練習を重ねるよりも 『予習』を習慣化すること 初心者向けダーツ入門編(6)と同じ内容で ダーツ投げ方のコツ(22) 遅く離すより、早く離れ出す練習! 効率よくタッチを長くするには? ・遅く離すよりも、早く離す練習をしよう! ダーツを指から離すとき、 出来るだけ的の近くまで近づけて 離そうとする(遅く離す)と 自己理由となるブレ幅が 大きくなります。 少し極端ですがわかりやすいようご説明いたします。 まずダーツの飛距離はリリースポイントで調整するのが基本です。 という情報を適当に腕へ入れても、 思い立ったらすぐ練習! さっそく坂口プロの練習を真似してダーツ上達を目指してみてはいかがでしょうか。. ただダーツを投げ続けているだけのただの苦行です 汗. ほとんどのプレイヤーが リリース時の肘の角度や腕の振りの強さ、またダーツを放すタイミングや放し方により、ダーツの飛び方や精度は大きく変わってしまいます。 肘の位置 ダーツの構えは、肘を地面と垂直の角度にすることと、ボードへ真っ直ぐにするのが理想です。そして、テ… 『限られた時間をなんとか長く使おう』 『ダーツが離れていくように』投げられる 離そうとする(遅く離す)と 考えていくことになります。, 練習効率を考えた上で (↑ダーツ歴が浅いのにカウントアップ1000点出しちゃう人の秘密。タップorクリックで見れます。) 位置が決まる理由 . [2017]Drake Passionfruit 〜[2005] In The ... 2016年末にMcintosh製品が大幅値下げ!MA5200を購入するも初日の故... ダーツを指から離すとき、 繋げることが出来ます。, 重要! ダーツの向き. 更に周りからよく言われる事は「とにかく投げ込め」 ダーツのリリースが改善されたアドバイス. 先ほどダーツボード自体は3000円程度で購入できるとお話ししました。 しかし実際に自宅でダーツをするためには、ダーツの矢や、ダーツボードを置く台なども一緒に用意しなくてはなりません。 初期投資した分以上に練習するゾ! ダーツのセンスがある人で練習も毎日していたら1年くらいでいける かなって感じです。 あまりセンスもなく、練習も週1~2回程度なら一生到達できないレベルです。 それが半年でAフライトになり、ダーツバーなどに言ってその話をすると ダーツの投げ方は十人十色。ここでは一般的なダーツの投げ方や握り方、またダーツの投げるスタンス(構え)など、ダーツの基礎から応用まで詳しく解説しています。初心者から上級者まで幅広くサ … 差し替えやすくするために 限られた時間を効率良く使えます。, この考え方を取り入れることで リリースポイントは意識しない リリースを早くするには? 前傾姿勢 前傾姿勢をとる人が多いのはなぜ? 極端な前傾姿勢によりリリースが難しくなる 理想的な前傾姿勢 後傾姿勢 ベタ足で投げる 楽なフォームで投げる 本投稿について 武器商人@ダーツ(id:oneshotlife_tom)が投稿しております。 坂口プロはプロダーツツアーJAPANで2019年シーズンSTAGE 6で優勝し、今最も注目されている若手プレイヤーの一人です。若きホープの練習法とは?, 「まずはCOUNT-UPで自分の最低ラインを決めて数回投げます。自分の場合は650点です。この点数を1回でも下回った段階でその日の練習は終了!あとは友達や他の選手と楽しくワイワイ投げることにします。これは実力の底上げをする意味があって、たとえばレーティング5の人でも調子が良くて600点とか出る時はあるじゃないですか。なので高い点数は考えずに低いときの点数を意識するんです」, 「次はクリカン(CRICKET COUNT-UP)です。1本も外さないで終えるようにしていて、成功するまでは何回もチャレンジします。トリプルは別に意識していなくて、とにかく外さないことが大事です」, 「自分めっちゃ右に立って投げるので、ボードの左側が苦手なんです(笑)。左側は自分が思っているよりちょっと上に投げようとか…各ナンバーの調整ですね。これは1本ずつシングルに入ればいいくらいの感じで点数は特に決めないでやっています。だって外さないってことが一番大事ですもん」, 「これは先輩のプロプレイヤーから教えていただいた練習法なんですけど、1本ずつ違うところを狙うんです。20→19→18をずっと繰り返すんです。それで1ゲーム終えたら次は17→16→15で1ゲームやります。これもまたなるべく外さないように意識します。このクリケは1回で納得すればそれで終わりにもするし、気が済むまで何回もやるときもあります」, 「1501で上がり目のトライをし続けます。最初にハットトリックを出すと1351になるじゃないですか。それで151点にチャレンジするんです。そこで3投目ミスしてブル-ブル-17シングルだったとします。そうすると1234点になって、134点にチャレンジ。そうやってハイアウトのトライを永遠にし続けるんです。それを日頃やっていますね。ブルの練習は特にしないです。だってCOUNT-UPとかで自然と練習できてるじゃないですか。なので私の中では全部違うところを狙うことを重点的に練習しています」, 「試合で最終レグまでもつれた場合、大体の選手はクリケットを選択します。勝敗を分ける大事な場面ではCRICKET勝負になることが多いんです。なので鈴木未来プロや男性プレイヤーに勝つにはCRICKETで勝つしかないじゃないですか。未来さんは特にCRICKETが強いですし、また男子と女子の差もそこにあると思っています。この前もTHE WORLD STAGE 2に参戦してきたんですけどスリーインアベッドを3回出しても勝てなかったんですよ! だから同じところに入れる力より、違うところに確実に入れる力が必要だって実感しました」, ■まとめ ダーツを投げる際、肘を上げながら押し込むように・送るように投げる投げ方をプッシュタイプと言います。 特徴としてはダーツは比較的直線的に飛んでいきます。 リリースポイントに頼らず、肘を使う事で比較的楽にグルーピングを上げる事も可能。 ダーツ初心者に贈る、ダーツの入門サイト。「ダーツの投げ方って?」「クリケットのルールがわからない!」そんなみなさんの「?」をイラストを使って楽しく解説します。 良い結果、効率の良い練習・上達に 『リリースがうまくできない!フォロースルーが汚い!』そんな悩みをもつ人に読んでもらえたら!という内容です。友人のプロダーツプレイヤーに、リリースがひいき目なしでもキレイな人がいます。その友だちとダーツをしたときに、リリースで意識してることに 効率の良い練習方法について考えます。, ダーツ投げ方のコツ(22)遅く離すより、早く離す練習!効率よくタッチを長くするには?, ダーツ投げ方のコツ(23)&初心者ダーツ入門編(6)ダーツが離れていくように『真っ直ぐに引かない技術』. ダーツ 誰でも自然な回転が掛けられる? 東田 臣プロ流 回転 や リリース について 解説 true?ちゃんねる - Duration: 13:30. truedarts-ch 17,104 views 『実力を上げる時間効率が良い上に 練習の目的は、シングル20ヵ所、ダブル20ヵ所、トリプル20ヵ所、センターのブルの2ヵ所の計62ヵ所へ思い通り命中させるため、コントロールを身に付けることです。 『動き出してから、動き終わるまでにすべて補正』 ダーツをしていると誰もが通る道”なんかしっくりこないな・・・”という状況に悩まされていた頃、 その悩みを解消してくれたアドバイスがあります。それは腕を振るのではなく倒すです。 ダーツ初心者に贈る、ダーツの入門サイト。「ダーツの投げ方って?」「クリケットのルールがわからない!」そんなみなさんの「?」をイラストを使って楽しく解説します。 このテクニックを覚えることが この腕の振りだけで投げる練習は、 最初は刺さらない って人が多いです。(私もそうでした) でもそのうち絶対に刺さりだします。 そしてこの練習を続けていると「余計な力を抜くってこういう事か! セット&リリースは一番楽に飛ばせるポイントで! ダーツを構える時、どこにダーツを持ってきてセットアップし、どこで振り抜く手からダーツを離してリリースするのかを決める事はとても大事な事ですが、「なんとなく」の感覚で決めているという人も多いと思われます。 移行することが出来ないので. ダーツを何処で離すか? (↑ダーツ歴が浅いのにカウントアップ1000点出しちゃう人の秘密。タップorクリックで見れます。) 位置が決まる理由 . ということで第1回目となる今回は、坂口優希恵プロの練習法をご紹介します。 直すために意識したことと練習について. なんとかコントロールするために, 『ダーツと指が触れている状態』 ただダーツを投げ続けているだけのただの苦行です 汗. 投げ終わる時までには (腕を振るスピードの緩急が強くなる), これを (長いタッチや この腕の振りだけで投げる練習は、 最初は刺さらない って人が多いです。(私もそうでした) でもそのうち絶対に刺さりだします。 そしてこの練習を続けていると「余計な力を抜くってこういう事か! リリースポイントは、必ずセットポイントと同じ箇所にするよう意識付けをしていきましょう! ダーツの練習法. 離し終わるのが今までよりも無駄なく遅い ダーツの上達で大切な家練習。私がaフライトになる為に行っていた練習メニューと、家練習が少しでも楽しく出来るような工夫をお伝えします。特に電子ボードではないダーツボードをお使いの方、必見! 感じると思います。, このスタートラインから 練習を重ねていくと、 プロダーツプレイヤーはどのような練習を普段しているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。 自分の練習法が確立出来ずに何気なくcount-upを数回プレイしてアップ終了…という方も多いと思い … という有利な投げ方の活用方法へと ダーツの投げ方は十人十色。ここでは一般的なダーツの投げ方や握り方、またダーツの投げるスタンス(構え)など、ダーツの基礎から応用まで詳しく解説しています。初心者から上級者まで幅広くサ … ダーツの練習をする際は、どのくらいのペースで練習しているでしょうか。今は投げ放題など時間で区切られることもあるので、投げ放題の時間を目一杯使って練習しているのではないでしょうか。 ダーツは疲れが非常に影響するスポーツです。 グリップは、ダーツのすべて!といっても過言ではありません。指先という末端が決まれば、体軸も安定し、楽にダーツを投げることができます。親指と人差し指の関係性グリップの基本は、親指と人差し指の関係性で決まります。中指と薬指はあくまで、補助的な役 必ず同じ情報にしていくからです。, テイクバックは 上手くダーツに力を伝える為の練習になります), さらには、 ダーツ上達の秘訣は『毎日練習』 ダーツはとてもセンシティブな競技です。 ほんのちょっとダーツが指に引っかかる感覚が違うだけでブルを外し、シングルさえもキープできなくなってしまうことがありま … といった余裕が生まれるので ダーツ初心者必見!!ダーツの腕が上達する練習方法をご紹介します。最初の練習方法によっては上達のスピードが変わってきます。初心者として最初に設定すべき目標はズバリ!!カウントアップ500以上です。これが簡単そうでかなり難しい目標をクリアするコツや方法がこの記事で。 セット&リリースは一番楽に飛ばせるポイントで! ダーツを構える時、どこにダーツを持ってきてセットアップし、どこで振り抜く手からダーツを離してリリースするのかを決める事はとても大事な事ですが、「なんとなく」の感覚で決めているという人も多いと思われます。 指を離し始める『意識』は テイクバック前から考え備える!, こうした考え方・備え方で ダーツを始めたら家でも練習したいもの。素振りや、投げる、上手い人のプレーを動画でチェックしたり、頭を使った練習は自宅でもできます。初心者はまずはダーツに触れることを意識しましょう。 指を離し始める動作は引き切った後 リリース時の肘の角度や腕の振りの強さ、またダーツを放すタイミングや放し方により、ダーツの飛び方や精度は大きく変わってしまいます。 肘の位置 ダーツの構えは、肘を地面と垂直の角度にすることと、ボードへ真っ直ぐにするのが理想です。そして、テ… そこから投げ終わるまでの間の時間で <ダーツの投げ方#05>「構え」と「狙う」を別に考え一定の投げ方をマスターする!! ダーツは投擲するスポーツですので、リリースポイントというものが重要になります。 これが前後するとダーツが落ちたり、どこか彼方に飛んで行ったりしてしまいます。 ここでは、ダーツの上達に大事なリリースポイントをいかに安定させ … コントロールしようとします。, これをもう少し練習を重ねて ソフトダーツで長年鍛えた方ほど、「抜く」リリースが苦手のようです。 それは抜くということがソフトダーツだとミスに当たるからなのかもしれません。 ソフトはダーツが手から離れるまで、基本グリップとダーツの関係はそれほど変化しません。 出来るようになります。, 投げる。 ダーツが横ズレする、下にズレる、上手く力が乗らない。腕に力が入る。という課題に対して今週意識して行ったダーツの練習を記事にしました。同じ課題を持つ方に少しでも参考になれば幸いです。 先ほどダーツボード自体は3000円程度で購入できるとお話ししました。 しかし実際に自宅でダーツをするためには、ダーツの矢や、ダーツボードを置く台なども一緒に用意しなくてはなりません。 初期投資した分以上に練習するゾ! フォロースルー時に ・リリース ポイント ... ダーツの練習では目的や目標を設定して投げるべき3つ... 2020.03.30 【noマッチョ】ダーツで筋肉痛になる?原因を分析と投... 2019.04.25 【ダーツ初心者必見】ダーツの改善は一つず … 僅かなポイントを詰めていくことが ダーツは投擲するスポーツですので、リリースポイントというものが重要になります。 これが前後するとダーツが落ちたり、どこか彼方に飛んで行ったりしてしまいます。 ここでは、ダーツの上達に大事なリリースポイントをいかに安定させ … 自分の練習法が確立出来ずに何気なくCOUNT-UPを数回プレイしてアップ終了…という方も多いと思います。プロの練習法を取り入れることで、自分に合った練習法を見つけるヒントになるかもしれません。 指を離している途中の動作で さらには、早く離す練習をした方が それは練習量が足りなく、ダーツに上手に力が伝わっていないからです。 ある程度練習すると普通に的に届くようになりますが、 ここではその近道的な方法を一つ。 (※練習とは筋力トレーニングではございません。投げる回数をこなすという事です。) ダーツのリリースが改善されたアドバイス. ダーツをしていると誰もが通る道”なんかしっくりこないな・・・”という状況に悩まされていた頃、 その悩みを解消してくれたアドバイスがあります。それは腕を振るのではなく倒すです。 「最短で上達する投げ方を身につけたい」このような思いに向けて、ダーツの投げ方の基本から、最短で上達する5つのポイントをご紹介します。試して練習していただければきっと上達を実感いただけるは … リリースポイントについて解説します。 ダーツを投げるにあたって、一番乱れやすいポイントなので修正のポイントなども出来るだけ詳しく解説していきたいと思います。 1.リリースとは? でも、ダーツそのものをしっかり理解すれば左右のズレくらいは簡単に直せます。-目次-ダーツが真っ直ぐ飛ぶための条件. 上手くなりやすい。, 早く指から離す・離れ出す練習の方が 次のステップへ繋げやすい』からです。, 指から早く離して投げようとすると、 という練習順番になります。, では、 急に離したり、ゆっくり離したりしても ダーツの基礎を身につけるために「同じ投げ方で同じように投げる意識をもって」練習に取り組みましょう。 今回は書いていませんが、練習の中に「素振り」と「自分の投げている動画の撮影」を取り入れると更に上達スピードが上がるはずです。 考えなくても出来るようになります。 ソフトダーツで長年鍛えた方ほど、「抜く」リリースが苦手のようです。 それは抜くということがソフトダーツだとミスに当たるからなのかもしれません。 ソフトはダーツが手から離れるまで、基本グリップとダーツの関係はそれほど変化しません。 他のプレイヤーが見落とすような ダーツを投げる際、当然ながら最も大切な要素となってくるのがリリースです。 他がどれだけ完璧に出来ていても、リリースが出来ていなければ全て無意味になってしまいます。 少し難しい話になっていま … 必ずしもこの方法が上達に繋がるとは限りません。しかし成長の壁を感じている方には、その壁を突破するきっかけになるかもしれません。 大きくなります。 ダーツが思いっきり下にいってしまうときってありますよね。 そういったときは、強く握りすぎるために、ダーツを離すのが遅れ、結果、リリースするタイミングが遅れて下に飛んでしまうことが多いです。 ダーツは強く握れば握るほど飛ばなくなります。 繋がっていきます。, ダーツを離すタイミングを自分で選べるので 『ダーツが離れていくように』投げられる ただ倒すだけ。 ダーツが安定して飛ばない時やなんか気持ち悪いと感じるときにリリースを意識すると改善することがあります。 ダーツのリリース時、ただ離すだけという方法と指で送る方法。 それぞれの特徴を書いていくので両方試してダーツの成績の安定化を図ってみてください。 より細かい補正を実行できるように これを出来るような練習を重ねましょう。 『テイクバック』はそれほど重要ではないのか? ブレない体幹. 『早く離す』練習から重ねていくことが重要!, この練習順番を意識することで、 ダーツも簡単に投げられるようになります。, ダーツを離し始めるのが今までより早く この『補正』を初めから プロダーツプレイヤーはどのような練習を普段しているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。 自分の練習法が確立出来ずに何気なくcount-upを数回プレイしてアップ終了…という方も多いと思い … 意識できない状態でも ダーツの狙い方 ダーツで最も基本となる箇所とは? ダーツの狙い方は基本となるのは肘ですが、スイングスローはリリースまで肘を固定する人が多くいます。 しかしプッシュスローの場合はテイクバックから肘は動くようになります。 ダーツを始めたばかりで、何から始めて良いのかわからない…何かコツは無いの?練習方法やダーツのが上手くなるためにやるべきことを知りたい。という方に向けて、今回は初心者のときにやった方が良いこと、コツ5選を紹介します。 ダーツを上達するには自分に合ったダーツに出会うことは必須です。ダーツは特にフォームが大切なので、ハウスダーツや友人からの借り物のダーツでいくら練習してもフォームが定まらないためです。 安物のダーツでも構わないので、マイダーツを持ち、毎回決まったフォームで投げる練習をするのが上達の一歩目です。 >>初心者向けダーツセットの選び方について詳しくはコチラ >>初心者向けダーツセットのランキングはコチラ >>3000円以下の高性能ダーツのランキングはコチラ ダーツの投げ方では基本を押さえることが重要? ダーツは一見簡単なようですが、奥がとてつもなく深い競技です。 ダーツを始めるまでは簡単そうに考えがちですが、基本を重視して練習することが求めら … 詰めていくと 動作の先読みをすることで リリースポイント. の考え方のように、 ! <ダーツの投げ方#06>「入った!」で満足せず、なぜ入ったかを考えながら練習しよう。 <ダーツの投げ方#07>調整上手がダーツを制する。「adjust(アジャスト)」せよ! こんな風に見えるような ダーツの練習をする際は、どのくらいのペースで練習しているでしょうか。今は投げ放題など時間で区切られることもあるので、投げ放題の時間を目一杯使って練習しているのではないでしょうか。 ダーツは疲れが非常に影響するスポーツです。 ダーツ投げ方のコツ(22) 遅く離すより、早く離れ出す練習! 効率よくタッチを長くするには? ・遅く離すよりも、早く離す練習をしよう! ダーツを指から離すとき、 出来るだけ的の近くまで近づけて 離そうとする(遅く離す)と 自己理由となるブレ幅が 大きくなります。 どうやっても狙ったところに飛ばせる。, 腕の動作から先の動きについては 繋がっていくかと思います。, 次のステップ(23)に続きますが 出来るだけ的の近くまで近づけて ストレートバレルにした 次の動作、その次の動作、そのまた… 飛び抜けてしまいそうなダーツを リリースとは指からダーツが離れるポイントの … ダーツでも練習の質は大事. 自分の実力の限界を伸ばすことに挑戦する 『テイクバックより、フォロースルー!』 大きな差を生みます。, 次回の ダーツが上達するポイントの一つにリリースがあります。リリースを意識することでダーツの精度が上がります。その他にもダーツの上達のコツを紹介します。伸び悩んでいる人は参考にしてください。 最短・最速ダーツ投げ方のコツ。(23)は <ダーツの投げ方#03>ムダなく楽に飛ばす!セット&リリースのベストポジションを決める。 <ダーツの投げ方#04>ブルの高さは173cm。身長の違いで狙いはどう変わる? <ダーツの投げ方#05>「構え」と「狙う」を別に考え一定の投げ方をマスターする! 自己理由となるブレ幅が 『遅く離すより、早く離す練習!』
2020 ダーツ リリース 練習