買収のメリットはいくつかありますが、ここでは以下の5つについて解説します。 企業買収による相乗効果が期待できる; 経営が健全化し、利益が生まれる; 少数意見の株主が排除される; 買収資金の準備が不要である; 買収後も独立した経営が継続できる ・アサヒ飲料健康チャレンジ! ・ワクワクと笑顔を未来へ ・「カルピス」づくりで、心にピース! >環境トップへ ・容器包装2030 >地域共創トップへ カルピスの売上高は2011年3月期末ベースで1084億円。アサヒグループhd傘下のアサヒ飲料の売上高は11年12月期実績で3109億円。この買収が実現すれば、アサヒ飲料は伊藤園を抜き飲料業界単独3位、シェアで約12.4%(ケース数ベース)に躍り出る。 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ Ltd. Etika Beverages Sdn. 買収されたカルピス食品工業の社員ながら、買収したアサヒ飲料の社長になるという異色の経歴も注目です! かなりの熱血漢だったようで、入社2年目のころに卸先の役員と口論をし、出入り禁止を食らったこともあるようです。 Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 尚山勝男)は、2017年7月1日付で、当社を存続会社とし、当社の100%連結子会社で製造を担うアサヒフードアンドヘルスケア株式会社、和光堂株式会社、天野実業株式会社の3社を、吸収合併します。 (旧)アサヒビールの現業全般を会社分割により(旧)アサヒグループホールディングス株式会社(同日、アサヒビール株式会社に商号変更)に移譲。 11月11日 - マレーシアのペルマニス社の株式買収手続を完了; 2012年(平成24年) アサヒ飲料の就職の難易度は高そうですよね。飲料業界においてはかなり有名ですし、カルピスなどが特に有名で、日ごろから愛飲している人も多いのではないか?と思います。アサヒ飲料の就職の難易度に関しては、高いとは思われますが、具体的な倍率が分かりません。 アサヒグループホールディングス(ghd)がオーストラリアのビール最大手、cubを約1.2兆円で買収する。縮小する国内市場で競合からの猛追を受けるアサヒは、大胆な資金投下で海外に活路を求める。買収額は同社として過去最大規模。市場から「高値づかみではないか」との声も聞こえる。 カルピス株式会社を買収: 2014年: アサヒフードアンドヘルスケア株式会社の通販事業をカルピス株式会社に移管: 2015年: アサヒフードアンドヘルスケア株式会社・和光堂株式会社・天野実業株式会社を集約し、アサヒグループ食品株式会社を設立: 2015年 カルピスはアサヒに買収されたのですか? >カルピスはアサヒに買収されたのですか?はい、買収されました以下は、アサヒビールの正式発表です2012.05.08カルピス株式会社の株式の取得(子会社化)に … カルピスは、日本の飲料・乳製品メーカーであるカルピス株式会社(英称:Calpis Co., Ltd.)及び、同社が製造してアサヒ飲料が販売する乳酸菌飲料の名称である。 ローマ字表記はCALPIS、日本以外ではCalpicoとも。. 弱みを補完しあい、強みを伸ばす――。企業のM&Aではそんな効果が期待されるが、実際どうなのか。日経ビジネス6月24日号特集「新規事業という病」では、M&Aにシナジーがあるのか検証した。食品・飲料業界でM&Aの渦中にいたのがカルピスだ。, M&Aは食品・飲料業界でも盛んだ。縮小する国内市場での生き残りをかけ、規模のメリットを生かそうと再編が進む。各社は、買収と時に売却を繰り返しながら最適な事業ポートフォリオを探っている。そんな中、M&Aによって親会社が変わる経験をしたのがカルピスだ。, カルピスは1990年に味の素からの出資を受け、2007年には完全子会社になった。人事異動を実施するなど一定の融合は図っていたが、食品と飲料で製品の特質が異なる以上、サプライチェーンの共通化などは難しかったようだ。完全子会社化からわずか5年後の2012年、味の素はアサヒグループホールディングス(GHD)にカルピスを売却した。, カルピス出身で、現在はアサヒ飲料の常務執行役員マーケティング本部長を務める大越洋二氏は、アサヒ傘下入りが決まったとき、アサヒGHDの泉谷直木社長(当時、現会長)に言われた言葉を鮮明に覚えているという。アサヒ傘下に入った後も、「今まで通りでいい」というメッセージだと感じた。, カルピスとアサヒは同じ飲料メーカーといえども、組織風土に違いがあった。カルピスは乳酸菌飲料という特定の分野を深堀ってきたが、アサヒ傘下のアサヒ飲料は総合飲料メーカーとして常に他社とシェアを争ってきたからだ。営業部門などは当初別々のままにして、なじませる期間を設けた。, カルピスとアサヒにとって転機となったのが、2015年だ。アサヒ飲料の経営会議のメンバーが、同社とカルピスの経営統合を見据えて、2社で共通化できる強みは何か、議論を重ねた。その結果、アサヒ飲料は全社方針として、「ブランド価値の向上」を掲げる。各ブランドの守るべき価値を定めた“憲法”を作り、部門横断組織のブランド管理委員会が定期的に営業社員などに対して勉強会を開いた。アサヒ出身であろうと、カルピスの商品への理解を深めてもらい、逆にカルピス出身者もアサヒ商品を理解することが求められた。16年1月、カルピスとアサヒ飲料は経営統合する。今では、生産から物流、販売体制まで共通化している。さらに、アサヒ傘下の別会社では、乳酸菌技術を生かした健康食品も開発するなど、一定のシナジー効果が出ているようだ。, 「一緒になるときに大事なのは互いを認め合う度量」と大越氏は話す。アサヒ飲料の“ブランド憲法”も、カルピスのブランド管理基準書を生かす形でつくられた。小さなことに見えるが、買われた側を尊重できるかが成否を分ける。少子高齢化で国内市場が先細る中、業界の再編は今後ますます進んでいく可能性がある。そのとき上手く統合できるかは企業の競争力をも左右する。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. こんにちは、のんびり父ちゃんです。いきなり三択です!あなたにとってカルピスで思い出深いのは?1、カルピスの原液2、カルピスソーダ3、カルピスウォーター目次やっぱり唯一無二のカルピスカルピス株式会社に株主優待はあるの?アサヒグループホールディングス(2502)の株 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 2016年1月、アサヒグループホールディングス傘下のアサヒ飲料とカルピスは経営統合した。サプライチェーン全体を共通化している, 優れた戦略立案は確かな情報源から。 カルピスの買収→売却が話題となった味の素グループもそんな例と言えるかもしれません。たとえ可能性のある企業でも、自らの目指すところにベストの選択でなければ再考する。その冷静さ、冷徹さが必要なんだと思います。 三矢、カルピス、ワンダ、アサヒ十六茶、ウィルキンソン、アサヒおいしい水 ※アサヒは2012年に味の素からカルピスを買収。 ・主力6ブランドで飲料事業の7割以上を稼ぎ出す構造になっている。 アサヒグループホールディングスが、味の素から「カルピス」買収する方向で最終調整をしているそうです。アサヒがカルピス買収で最終調整、味の素から1000億円弱で | Reutersという記事になっています。 カルピスは、日本の飲料・乳製品メーカーであるカルピス株式会社(英称:Calpis Co., Ltd.)及び、同社が製造してアサヒ飲料が販売する乳酸菌飲料の名称である。ローマ字表記はCALPIS、日本以外ではCalpicoとも。, カルピス本社は、東京都渋谷区に所在していた。2012年(平成24年)10月に味の素が保有していた全株式がアサヒ飲料などを傘下に持つアサヒグループホールディングスに譲渡されて同社の完全子会社となった後、2016年(平成28年)1月のアサヒグループにおける飲料事業の再編に伴ってアサヒ飲料の機能子会社である2代目法人となり、本社が東京都墨田区吾妻橋のアサヒビール本社ビルへ移転した。これに併せ、「カルピス」の登録商標についてもカルピスから親会社のアサヒ飲料に商標権が移管された。, 2019年(令和元年)5月現在のコーポレート・スローガンは「カラダにピース。CALPIS」。ブランド・スローガンは「ピースはここにある。」。, 企業としてのカルピスの創業者は、僧侶出身の三島海雲である。創業初期より、後に日本初の乳酸菌飲料となる「カルピス」を生産していた[2]。これと共に、脱脂乳(英語版)の生産の際に副産品として製造を開始したとされるカルピスバターが主力商品である。, 味の素との提携後は、カルピスを製造時に水で希釈調合しすぐに飲めるようにした清涼飲料水「カルピスウォーター」の生産、ミネラルウォーターの「エビアン」やワインの輸入、カクテル「カルピスサワー」などのアルコール飲料にも進出している。, Calpisが牛の尿の意味の英語: cow piss「カウ ピス」と聞こえることから、米国ではCALPICO(カルピコ)という名称で販売される。なお、製造情報の欄には輸出会社として「CALPIS CO.,LTD.」と書かれている。, 味の素は2007年(平成19年)6月11日に同年10月1日付で、カルピス社を完全子会社化することで合意したと発表した。カルピス経営陣は他社との提携も考慮したが、今後の少子高齢化で懸念される日本市場の規模縮小と、それを補うための海外市場展開、さらには、いわゆる三角合併の解禁による海外企業の買収攻勢への対応を見据え、この統合案しかないと表明。苦渋の決断だったとしている。, 2012年5月8日、味の素がアサヒグループホールディングスにカルピスの全株式を2012年10月1日付、約1200億円で売却する内容の株式譲渡契約締結が発表された[3][4]。同年10月に株式譲渡が行われ、アサヒグループホールディングスの子会社となった。同時に「業務提携:味の素株式会社」の記載も削除されている。統合後はアサヒ傘下の会社とマレーシアにてカルピス飲料を共同開発し、東南アジア向けに現地の趣向に対応させ、ハラル認証も取得している。, 2016年1月1日にアサヒグループの飲料事業の再編が行われ、事業ごとにグループ会社へ継承・移管した後、アサヒ飲料と合併。カルピスで行われていた国内飲料製造事業と乳製品事業はカルピスフーズサービスへ継承され、(2代目)カルピスとしてアサヒ飲料の機能子会社となった。, 1908年(明治41年)、当時30歳の三島は内モンゴル(現在の中華人民共和国・内モンゴル自治区)を訪れ[5]、そこで口にした酸乳を参考にして、1919年(大正8年)にカルピスを開発・発売し、この飲料と同名の企業の創業者となったと伝えられている。脱脂乳を乳酸菌で発酵(酸乳)しこれに加糖、さらに酵母(馬乳酒中の酵母と近似[6])による発酵がカルピス独特の風味に不可欠であることは、長く企業秘密とされていたが、1990年代半ばに公開された。, 社名は、「カルシウム」とサンスクリットの「サルピス」(सर्पिस्, sarpis, 漢訳:熟酥=じゅくそ)を合わせたものである。社名を決める際、サンスクリット「サルピルマンダ」(sarpir-maṇḍa, 漢訳:醍醐)を使用し、「サルピス」・「カルピル」とする案も存在したが、同社では重要なことを決める際には、その道の第一人者を訪ねる「日本一主義」があった。 カルピス㈱ アサヒ㝃㑁㔒㏆㈱ アサヒオリオン㝃㑁㈱ 㒼アルコール㝃㑁の 㝃㑁の製㓪㐎㗢 製㓪㐎㗢 ア サ ヒ グ ル ー プ ホ ー ル デ ィ ン グ ス ㈱ ( 純 粋 持 株 会 社 ) (東南アジア) Asahi Group Holdings Southeast Asia Pte. 2020年1月20日、アサヒ飲料から新しく豆乳を使ったカルピスが発表されました。この商品は発酵した豆乳が原料とされ、乳成分は一切含まれないという今までのカルピスの常識を打ち破る新商品です。( 2020年4月7日全国で販売予定 ) Bhd. アサヒ. 2016,7年に1兆円超の買収を実施し,欧州のビール事業において日系企業の中では圧倒的な地位を築いています.イタリア・オランダ・イギリスでシェア第2位~第5位程度,ポーランド・ハンガリー・ルーマニアでトップシェアを誇っています. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 事業・経営を担うリーダー向け事業発想ワークショップをオンラインで開催します。 日経によれば、味の素が傘下の飲料大手カルピスの全株式をアサヒグループホールディングスに売却する最終調整に入ったようです。買収額は1000億円程度に上るとみられ、国内の飲料業界再編では最大規模ですね。味の素は2012年3月期、連結営業利益が過去最高益になったもよう これにより、当時音楽の第一人者であった山田耕筰に社名について相談したところ、「カルピス」が最も響きが良いということで現行社名・商品名になったという。, 元々は、パナマ帽を被った黒人男性がストローでグラス入りのカルピスを飲んでいる図案化イラストが商標だった。これは第一次世界大戦終戦後のドイツで苦しむ画家を救うために当時の社長の三島が開催した「国際懸賞ポスター展」で、3位を受賞したドイツ人デザイナーのオットー・デュンケルスビューラーによる作品を使用したものである[7]。1989年(平成元年)に一部から“差別思想につながる”との指摘を受け、パッケージリニューアル時にこのマークは使用されなくなったが、マーク中の「渦巻き状のストローが入ったグラス」の意匠はややデザインを変えつつ、現在も一部のパッケージに受け継がれている。なお、カルピスはかつてのロゴの図案を白黒反転させたマークも商標登録している。, 乳酸菌飲料のカルピスは、原液は非常に高濃度で、そのままでの飲用は推奨されていない。水、湯または牛乳で2.5から5倍程度に希釈して飲用とする。原液はその濃さから常温保存しても腐敗しにくい性質があり、戦前は一般家庭の常備品や日本軍の補給品として、戦後は贈答用として広く使われている。また、原液のままでかき氷にかけてシロップとしても使える。, 飲料のカルピスは1919年(大正8年)7月7日に販売が開始された。この時のカルピスは現在の薬用養命酒のような下膨れのビンで、ミロのヴィーナスが描かれた紙箱の包装だった。1922年に水玉模様の包装紙を巻いたものになる。カルピスのパッケージの水玉模様は、発売日の七夕に因んで天の川(英語: Milky Way(ミルキーウェイ))をイメージしたもの。最初は青色地に白い無地玉で、1949年(昭和24年)に色を逆にし、白地に青い水玉とした[8][9]。, 1927年(昭和2年)には森永乳業よりコーラスが発売され、1980年代まで人気を二分した。, 1941年に軍用カルピス、1943年に軍用ビタカルピスが製造され、大日本帝国陸軍の原料資材提供を受け、兵士の健康飲料とされた。ビタカルピスはオレンジ色の水玉模様の包装紙で包まれていた。軍隊調理法にも、練乳とクエン酸などを混ぜて作る代用品である「カルピス様飲料速製法」というレシピが載っている[10][11]。, 1960年代にオレンジカルピスも登場[12]。その後は希釈済みの製品として、1973年(昭和48年)に炭酸水で希釈したカルピスソーダを発売。炭酸水希釈のソーダ飲料としたのは、当時の技術では普通の水による希釈では、長期の品質維持に問題があったためである。1980年代も終盤に差し掛かると生活様式の変化により、飲用時に希釈が必要な従来の原液カルピスは、一般家庭では徐々に疎遠な存在となっていった。1991年(平成3年)には、希釈の手間を省いたカルピスウォーターが発売され、大ヒット商品となった。, 原液のカルピスは、瓶詰めの商品で、瓶が重いことなどから1995年(平成7年)に紙パック入りが登場した。これが近年の販売の主体となっている。これにより、商品のコンパクト化が実現された。, 2002年(平成14年)、カルピスを飲んだとき、口の中に白い塊ができるのを防止するため大豆多糖類が加えられた[13][14][15]。この白い塊はカルピスに含まれるカゼインと唾液成分のムチンとが反応してできるものである[15]。この白い塊はネット上の一部で「カルタン」と呼ばれていたが、当然ながら正式な名称ではない[13][15]。, 2012年(平成24年)4月9日より、新たに開発した4層構造のプラスチックボトル「ピースボトル」を採用。レギュラー・ダイエット・ぶどうが全面リニューアルし、新規発売のオレンジとマンゴーも同じ「ピースボトル」を採用。主原料の砂糖・生乳の価格高騰が続いていることから、希望小売価格は据え置きながら、内容量は従来の紙容器から30 ml少なくなり、470 mlとなった。, このピースボトルのモチーフは、昔の水玉包装のカルピスで、懐かしさや親しみを与えようとデザインされた。風味維持のために光、空気を遮断する、プラスチック4層構造。ペットボトルよりも耐熱性に弱い素材であり、カルピス製造時の熱殺菌、充填、冷却に伴う容器の変形を防ぐための様々なノウハウが必要だという。紙パックに比べ持ちやすいカーブをもたせ、また液切れのよいキャップを採用した、単に薄めて飲む以外にもかき氷に掛けるなどの使い方に配慮している。廃棄の際もキャップとボトルとラベルは同じ素材で分別不要である[16]。, 2019年(平成31年)1月出荷分よりラベルの意匠が変更され、CALPISブランドからAsahiブランドへ変更となった。同年(令和元年)7月7日で、販売開始から1世紀(100年)に到達。, これらの派生製品は、アサヒ飲料との合併後も引き続き自社で製造・販売されている。いずれも乳酸菌飲料としてのカルピスの成分は含まれない。, なお、「カルピス」や後述する「ぐんぐんグルト」を含むカルピスブランドの製品は合併に伴ってアサヒ飲料の製品となった。下記以外の製品についてはアサヒ飲料#主要ブランドを参照。, 【カルピス】日本初の乳酸飲料の秘密(男の浪漫伝説 Vol.14) |ドリームメール, https://www.j-cast.com/2018/05/10328027.html?p=all, “カルピスを飲んだ後、口の中に「白い塊」が出来ていたのは昔の話。実は進化しているとSNS上で話題に”, https://www.excite.co.jp/news/article/Finders_1255/, 「今のカルピスは飲んだあと白い塊が残らない」と話題に → 実は2002年から改良されていた, “夏にピッタリ!濃いめに仕立てた「カルピス」に宮古島の「雪塩」を加えた乳性飲料『濃いめの「カルピス」』 6月7日(火)発売”, https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2016/pick_0527.html, 「濃いめの『カルピス』」初のTVCM 長澤まさみさんの“濃いめ”な思い出が甦る「あの頃の味」編3月23日(月)より全国オンエア!, https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2020/pick_0120.html, “コクのある甘みと塩分が夏場にぴったりの新しい乳性飲料「夏のこく甘『カルピス』」新発売”, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000008407.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カルピス&oldid=80469569, 1991年(平成3年) - 味の素株式会社から飲料事業を譲受、両社の缶入り飲料事業を統合。, 12月10日 - アサヒ飲料との共同出資で、自動販売機事業の持株会社「アサヒカルピスビバレッジ株式会社」を設立。出資比率はアサヒ80%・カルピス20%である。, 2008年(平成20年)1月4日 - 自動販売機事業子会社6社をアサヒカルピスビバレッジに譲渡。, 2009年(平成21年)10月1日 - 物流子会社のカルピス物流サービスを、相模物流センター及び群馬物流センターは関東エース物流、岡山物流センターは関西エース物流(共に, 2012年(平成24年)10月1日 - 株式譲渡によりアサヒグループホールディングス株式会社の完全子会社になる。, 1月21日 - 2012年(平成24年)10月31日に締結した業務提携契約に基づき、自社開発のチルド飲料の製造・販売をグループ会社の, 9月1日 - 国内飲料事業(「カルピスサワー」を除く)及び営業部門をアサヒ飲料へ移管統合。これにより、「カルピスサワー」、エルビーが担当するチルド製品を除く日本国内における「カルピス」ブランドの飲料製品の, 2016年(平成28年)1月1日 - 国内飲料製造事業と乳購買を含む乳製品事業を子会社のカルピスフーズサービスへ、機能性食品(, 2016年(平成28年)1月1日 - 乳製品の販売を行っていた(初代)カルピス子会社のカルピスフーズサービスが(初代)カルピスから国内飲料製造事業と乳購買を含む乳製品事業を承継して(2代目)カルピス株式会社に商号変更し、アサヒ飲料の子会社に移行。, 工場:岡山(工場記号BC)、群馬(工場記号KC)がある。国内工場の屋根は暖色系のオレンジ色に統一されている。, カルピス(株)フレッシュクリーム - バター同様に製造工程での乳脂肪分を活かした、業務用の, カルピス カロリー60%オフ - 2015年(平成27年)3月発売。以前発売されていた「カルピスダイエット(2006年(平成18年)発売)」同様、通常の「カルピス」に比べてカロリー60%カットしたことに加え、「カルピス」と同量の, カルピス いちご - 2015年11月9日から2016年2月末日までの期間限定販売, ゼロカロリーのカルピスすっきり - 2016年(平成28年)4月発売。沖縄海塩をブレンドし、, ぐんぐんグルト - 当初は「カルピス」ブランドで販売されていたが、2019年10月のリニューアルに伴い、順次「アサヒ」ブランドへ変更された。, 濃いめのカルピス - 2015年に夏季限定で販売された「夏のこく甘カルピス」が好評であったことから商品名とパッケージを変えてリニューアル、2016年(平成28年)に夏季限定で販売された, カラダカルピス - 2017年(平成29年)4月4日発売。体脂肪を減らす機能を持つ乳酸菌CP1563株を配合した, グリーンカルピス- 2020年(令和2年)4月7日発売。乳成分を使わず豆乳を発酵させて誕生した清涼飲料水。, カルピスソフトキャンディ ふんわり仕立て - 2015年(平成27年)11月発売。, アルギンZゴールド - 元は味の素の栄養ドリンクのブランド。味の素子会社だった2006年にブランドを拝借する形で発売するも、アサヒグループ入りに伴い終売。, 夏のこく甘カルピス - 宮古島の雪塩を加えたカルピス。2015年6月29日から期間限定で販売した. 一流講師陣の講義とワークで、コロナ禍での新事業創造への道筋を探ります。. アサヒグループホールディングス社は、2012年10月にカルピス社を920億円で買収。その後、物流やITシステムなどの統合を進めるとともに、「カルピス」ブランドのグループ内での活用を進めてきまし … こんにちは、久保谷です。アサヒスーパードライなどで有名なアサヒグループホールディングスがカルピスを買収するという記事が、日経に掲載されていました。一見自分には… 16年1月、カルピスとアサヒ飲料は経営統合する。今では、生産から物流、販売体制まで共通化している。さらに、アサヒ傘下の別会社では、乳酸菌技術を生かした健康食品も開発するなど、一定のシナジー効果が出ているようだ。 カルピスってアサヒビールに買収されたんですか?カルピスってアサヒビールの子会社?カルピスが赤字になることはないと思うのになんで売っちゃったんですか? - スーパー・コンビニ [解決済 - 2017/07/23] | 教えて!goo
2020 アサヒ カルピス買収 メリット