概要. 日本国憲法第9条2項前段は戦力の不保持について規定する。 これまで、新聞や雑誌が「憲法記念日前後」などに特集を組む場合は「9条を変えるか否か」といった世論調査の結果を掲載しつつ記事を組むことがほとんどです。 憲法学者でも自衛隊が憲法9条に違反していると主張する人もいます。 その主張としては、憲法9条の「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 日本国憲法 - e-Gov法令検索. 自衛隊とは、自衛隊法に基づき、日本の安全・平和と独立を守る為におかれた組織・機関です。 陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の3部隊によってなり、国際法上は軍隊とみなされています。 最高指揮官である内閣総理大臣、隊務統括である防衛大臣のもと文民統制がしかれ、防衛省によって管理される組織です。 国際法上、国家には「外国からの違法な攻撃、侵略に対して、自国を防衛するために必要な範囲で武力を行使す … ・憲法審査会にて審議 憲法学者というのは訓詁学者なのか。 憲法の文面を見て「ああだ。こうだ。」言うのでなく、自衛隊なし安全保障はあり得ない前提で、どのような憲法であるべきなのか論じて欲しい。 正直、この程度のこと学者でなくても誰でも言える。 この記事では三菱樹脂事件について解説します。 日本国憲法では第19条にて、「思想及び良心の自由」が保障されています。 国家が個人の精神活動に介入しないことを憲法で誓っていますが、国家がという点がポイン ... この記事ではGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領政策について解説します。 ポツダム宣言を受諾した日本はポツダム宣言第6~7条に従い、 軍国主義者が排除され、戦争能力が失われるまでは連合国側に占拠 ... この記事では基本的人権の保障について解説します。 戦前の大日本帝国憲法では、基本的人権という発想はなく、国民に法律が認める範囲という限定つきで「臣民の権利」がありました。 これを法律の留保と言います。 ... この記事では砂川政教分離訴訟について解説します。 日本国憲法では政治と宗教を分けて、特定の宗教を特別扱いしないことや他の宗教に干渉を行うように規定しています。 これは個人の信教の自由を制度的に守るため ... この記事では内閣の助言と承認について解説します。 大日本帝国憲法では天皇は誰も介入できない天皇大権という絶対的権利を持っており、 主権は天皇にありました。しかし、日本国憲法では天皇は国政に関与できない ... 政治経済が大好きです。大学受験や各種試験にて政治経済を勉強している人を応援しています。 憲法前文とともに日本国憲法の三大原理である「平和主義」を規定している条文 日本国憲法の基本原理として「基本的人権の尊重」「民主主義」「平和主義」がありますが、近代憲法の中で平和主義を謳っているのは日本の憲法だけです。 憲法9条は憲法9条だけで日本国憲法の第2章を占めています。 1項では「戦争の放棄」2項での「戦力の不保持」と「交戦権の否認」が3つの柱となっています。 日本国憲法が平和憲法と呼ばれるのはこの憲法9条によるものです。 Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2020 All Rights Reserved. 条文. 軍隊および有事の際にそれに転化し得る程度の実力部隊. (後略), これなら、平和憲法の9条はそのままですし、自衛隊は合憲となりますし、なんの問題もありませんね。シンプルでナイスな案だと思います(*^_^*), イギリスでは憲法がありません。これまでの判例などから判断できるので、わざわざ明文化する必要がないそうです。日本はせっかく素晴らしい憲法があり、明文化しているのですから、迷わないですむものに改憲していくことは、意味のあることだと思います。, 自衛隊は立派な戦力であり、軍隊です。災害の時には素晴らしい助けになってくれますし、もしも外国が攻めてきたら、頼もしい存在となって守ってくれるでしょう。その方々を「違憲である」というのはやはり間違っているな、と思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, はじめまして!JAW(日本と愉快な仲間たち)管理人のヤナイと申します。複雑な国際情勢や政治経済を、わかりやすく&面白おかしくご紹介しています!詳しくはこちらをどうぞ!. © 2020 日本と愉快な仲間たち(JAW) All rights reserved. 2月15、16日の2日間、東京 永田町の参議院議員会館にインターネットなどの呼びかけで集まった男女14人。年齢は18歳から73歳。大学生、主婦、自営業などさまざまです。 議論のテーマはずばり憲法9条をどうするか。 2日間、合わせて6時間半にわたって議論し、最後に投票を行います。主催したのは、憲法や国民投票を研究する市民グループです。 中心メンバーのジャーナリスト今井一さんは、狙いについて、「 … ・有効投票総数の過半数で改正, 2019年7月に参議院選挙を終えて安倍政権は記者会見を開き、野党に対して憲法改正の具体案づくりに関して協議入りを呼びかけました。, 現行の日本国憲法では第二章が「戦争の放棄」になっていますが、これを第二章「安全保障」に変更。, 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。, 2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。, 3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するたまに国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。, 4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。, 5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。, 国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。, 今後、アメリカの軍が縮小もしくは撤退する事を見込んで国防軍の創設さらには憲法による領土に対する姿勢を示しています。, ROEとは「何をすべきか?」ではなく、軍は「何をしてはいけないか?」というネガティブリストを作成して、禁止されている子同基準以外は自由に行動がとれるというものです。, つまり、軍は自由に作戦行動や武器使用ができるようになり、海外での邦人救出や島しょに戦闘機やミサイルなどを整備して、海外からの攻撃に備える事が可能になります。, 自衛隊ではなく、国防軍を設置する事により日本の自衛力を高めたい狙いが憲法改正案から伺えます。, 制定までは民主的な流れを辿っていますが、草案をGHQが作ったため押し付けられた憲法と呼ばれています。, なぜなら憲法9条と自衛隊が矛盾している事は明白であり、今後米国が日本から撤退した時のために憲法にて国防の根拠を担保しなければならないと考えているからです。, 憲法9条に関しては平和憲法などと呼ばれているが、独立国家として自国の自衛権も持てないと憲法で書いてあるような国が近代国家ではない。 自衛隊明記案は,立憲主義の原則からも問題がある。日本国憲法に明記されている国家機関は,国会(憲法41条)及び衆議院及び参議院(同42条),内閣(同66条),最高裁判所(同76条1項),そして会計検査院(同90条)だけである。 社会の授業で憲法を学び、9条の戦力不保持の条文を読んだ上で感じた感想です。なーんにも害されていない、ピュアな目と心で感じた印象です(笑), そして30年近く経ちました。すると、現在の日本社会でも、自衛隊は違憲だと感じる人は多いようです。ピュアな人もそうでない人も(笑), そこで今回は、憲法9条に対して自衛隊は違憲なのか、それとも合憲なのか?、憲法学者さんのアンケートも見ながら考えていきましょう!, 憲法のプロである憲法学者さんへの朝日新聞のアンケートがあります。ほとんどの学者さんが実名や所属大学名も公表しての回答ですので、とても参考になるのでまずはこちらをチェックしてみましょう。, 質問4:現在の自衛隊の存在は憲法違反にあたると考えますか。 そもそも戦力の不保持を定めた憲法のもとで「実態」は軍隊にほかならない実力組織をもっていること自体が大きな矛盾なのだが、そのことにはさしあたり目をつむったとして、「自衛隊」と「国防軍」ではなにがちがってくるだろうか。 首相は「私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置づけ、『自衛隊が違憲かもしれない』などの議論が生まれる余地をなくすべきだ」と語った。いまの9条の1項と2項は堅持したうえで、自衛隊の根拠規定を新たに盛り込む案は「国民的な議論に値するだろう」とした。 ・衆参各院の総議員の3分の2以上で国会が「発議」 私は小学生の頃、 自衛隊って憲法違反(違憲)だよな 、と思いました。 社会の授業で憲法を学び、9条の戦力不保持の条文を読んだ上で感じた感想です。なーんにも害されていない、ピュアな目と心で感じた印象です(笑) 衆憲資第33 号 「憲法第9条(戦争放棄・戦力不保持・交戦権否 認)について~自衛隊の海外派遣をめぐる憲法的諸問題」 に関する基礎的資料 安全保障及び国際協力等に関する調査小委員会 自衛隊は軍隊(戦力)ではない、という皆さんにお聞きします。なぜそう思いますか?>自衛隊は軍隊(戦力)ではない、という皆さんにお聞きします。この内容って、自衛隊の在り方とか立ち位置とかが関係してくるので、なかなかに難しいよ (3)自衛隊違憲論. 「自衛戦争」と「(戦力としての)自衛隊」に関する世論調査. 日本国憲法で保持を禁止されているのは 憲法第9条の「戦力」と自衛隊 いま、安倍政権は、憲法9条の「解釈」を変更することにより、集団的自衛権の行使を可能にしようとしているといわれています。 この問題を考えるにあたっては、改めて憲法第9条の文言を確認する必要があると思います。 日本国憲法第2章「戦争の放棄」の条文 。 条文は一つだけで、戦争放棄・戦力の不保持・交戦権の否認が規定されている 。 第9条により「非戦憲法」、「戦争放棄条項」と呼ばれる 。. 」として、自衛隊そのものが憲法違反かどうかという議論そのものが無意味だとした [要出典] 。 戦力の不保持との関係. 第9条【戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認】 憲法13条の合憲派の意見を確認しますと、なるほどと思える面もあるのですが、「自衛隊は憲法9条の戦力不保持に対してどうなの?」と聞かれると、「自衛隊は違憲」だと思えます。良い悪いではなく、憲法の条文を素直に読むと矛盾している、と思えるのです。, 「ただし例外として、国民の生命と自由を守る戦力として自衛隊を保持する。この戦力は、それ以外の目的では使用しない。」. こうした自衛隊の憲法上の位置づけを巡る混乱の原因に、「憲法の『戦力』という言葉を巡る二重の誤解がある」と指摘する国際政治学者がいる。 戦後の憲法学「通説」を徹底的に批判した『 憲法学の病 』の著者、篠田英朗東京外国語大学教授である。 そうすると、その“力”が「戦力」に当たるのであれば、先の「戦力」を放棄していることとの整合性をとるのが難しくなるように思えます。 【生徒】 だとすると、自衛力は持てない、つまり、自衛隊は憲法違反(違憲)ということでしょうか! コメントもらえるとやる気が出ます。. その理由はポツダム宣言の中に日本が「戦争能力が失われるまで」連合国軍が統治すると規定されていたからです。, 日本が戦争を放棄するという事は、新たな憲法の制定が必須であり、戦争を放棄するは憲法9条にて規定されたのです。, 今回は憲法9条の内容と自衛隊の解釈について、そして現在議論になっている憲法9条の改正について解説します。, 日本国憲法の基本原理として「基本的人権の尊重」「民主主義」「平和主義」がありますが、近代憲法の中で平和主義を謳っているのは日本の憲法だけです。, 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。, 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。, 1項では「戦争の放棄」2項での「戦力の不保持」と「交戦権の否認」が3つの柱となっています。, 戦争放棄に関する規定は、直接には自衛権を否定しないが、憲法9条第2項において一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も交戦権も放棄。, 吉田茂内閣統一見解。憲法第9条2項は、侵略・自衛の目的を問わず、「戦力」の保持を禁止。「戦力」とは、近代戦争遂行に役立つ程度の装備・編成を備えるもの。保安隊は戦力に当たらない。, 政府統一見解。自衛隊のような自衛のための任務を有し、その目的のため、必要そうな範囲内の実力部隊を設けることは、憲法に違反しない。, 核兵器についての政府統一見解。現代の核兵器は、多分に攻撃的性質を持つ。この種の核兵器を持つことは、憲法の容認するところではない。, 田中角栄内閣統一見解。「戦力」とは自衛のための最小限度を超える実力組織で、それ以下の実力の保持は第9条2項で禁じられていない。, 海外派兵についての政府見解。武力行使の目的を持って武装した部隊を他国の領土・領海・領空に派遣する海外派兵は、一般に自衛のための最小限度を超えるもので、憲法上許されない。武力行使の目的を持たないで部隊を他国へ派遣することは、憲法上許されないわけではないが、現行自衛隊法にそのような任務を与えていあないので、これに参加することは許されない。, 国連軍への参加と協力に関する政府統一見解。国連軍の目的、任務が武力行使を伴うものでも国連軍の武力行使と一体にならない限り、参加に至らない自衛隊の協力は憲法上許される。, 我が国が憲法上保持できる自衛力は、自衛のための必要最小限度のものでなければならない。攻撃的兵器を保有することは戦力となるため、これは許されない。「武力行使」に関しては、あくまで外国の武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるという急迫、不正の事態に対処し、国民のこれらの権利を守るためのやむを得ない措置として初めて容認されるものであり、そのための必要最小限度の「武力の行使」は許容される。, 日本国憲法が制定された経緯に関しては『マッカーサー草案とは?日本の政府が憲法改正案を第90帝国議会にて可決』の記事をご覧ください。, 日本国憲法は当初、GHQの最高指導者マッカーサーが指示をして、憲法問題調査委員会が草案を作りました。, しかし、政府の憲法問題調査委員会が作成した草案は大日本帝国憲法と変わらない点が多く、, マッカーサーはGHQの民政局に指示を出して各国の憲法を参考にして日本国憲法の草案を作るように指示したのです。, その後のプロセスとしては、1946年4月の総選挙にて選ばれた国会議員によって、このマッカーサー草案が可決されたのです。, 独立を回復していない占領下での状況だったため、おしつけられた憲法であるという認識があるのです。, 憲法9条では戦力の不保持が規定されていますが、日本は世界での有数の軍事力である自衛隊を保有しています。, 憲法9条と自衛隊は矛盾する立場であるため、2019年9月現在安倍政権は2020年を目標に憲法改正を目指しているのです。, ・衆議院100名、参議院50名以上の賛成により憲法改正原案の提出 マッカーサーはGHQの民政局に指示を出して各国の憲法を参考にして日本国憲法の草案を作るように指示. ・国民投票法の基づき国民投票 先ほど述べたように憲法9条2項で放棄された「戦力」には解釈に争いがありますが、憲法学における通説的な見解では であると解釈されています。 この場合、その「軍隊」の具体的な内容が問題となりますが、この通説的見解では と説明されており、またその「軍隊」と「警察力」の違いについては と考えられています。 日本には軍隊はありませんが、自衛隊はありますよね?軍隊と自衛隊って何が違うの?と考えたことはありませんか? 日本は自衛隊を保持していますが、この自衛隊が憲法が否定する「戦力」に当たるのかどうかが議論され続けてきました。 日本国憲法は1946年に公布され、1947年から施行され、11章・103条により構成されています。その中で、「戦争の放棄」と「戦力の不保持」が第2章「戦争の放棄」の第9条の1条2項で謳われています。これがいわゆる憲法第9条です。 メディアでは、憲法9条改正の議論が盛んに報道されている。 憲法改正について、安倍晋三首相も25日の自民党大会で、「戦力不保持」を規定する9条2項を残したまま、別条文として「9条の2」を新設し、「自衛隊の存在」を明記する改正案を公表した。 2015/6/30付回答, なんと憲法学者の過半数が自衛隊は違憲である(可能性がある)、と回答しているんですね。, さらに、6割強が違憲と答える反面、3割強は合憲と答えています。完全に意見が割れていますよね。, それでは、なぜこのような結果になってしまったのか、違憲派と合憲派の根拠の理由について見ておきましょう。, 憲法9条2項には、「陸海空その他の戦力は、これを保持しない。」とハッキリ明記されています。明記されているのですが、我が国には自衛隊という立派な軍隊があります。, そのため、戦力である自衛隊はその存在が違憲である、というとてもシンプルな論理です。, 憲法9条2項では「戦力は保持しない。」と明記されているものの、ひとまずこれは置いておきます。, すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。, これは、わかりやすく言うと「国民の生命や自由は、国の政治上最も尊重されます。」という素晴らしい内容になります(*^_^*), 憲法9条には違反しているものの、憲法13条を達成するための例外として存在を認めよう、という意味合いですね。, 確かにこのように考えると、なるほど~と思える面もあります。実際に外国が攻めてきたり、テロ組織が大規模なテロ攻撃を仕掛けてきた場合、警察力では対応が不十分になり、それなりの強力な武力=戦力が必要になりますよね。, それでは当サイトの意見です。日本が平和であり続けることを心から願う一国民の意見です。, 国の一番大事な憲法がこの議論のように、「わかりにくい、又は意見が割れてしまう」、という状態はやはりおかしいと思います。, このサイトのテーマでもありますが、「わかりやすい」のが一番ですからね(*^_^*), それでは、この国の現時点(2018年7月)でのトップ、安倍首相はどのようにお考えなのでしょうか?, (前略) 自衛隊が憲法上「合憲」か「違憲」かという点については、最高裁の判例では明確にその憲法適合性が判断されておらず、政府の解釈でも「合憲」とされていますので一応は「合憲」ということになっています。しかし、通説で常識的に考えると自衛隊は明らかに「違憲」と言えます。 日本大百科全書(ニッポニカ) - 自衛隊裁判の用語解説 - 自衛隊が戦力の不保持を定める憲法に違反した存在であるという意見は、国会の場ではもちろん、広く社会において、その前身である警察予備隊の創設時より主張されてきており、これは憲法解釈上、圧倒的多数説を占めている。 ご覧のように、9条2項で不保持を謳っているのは「戦力」です。 では、「戦力」とはどう定義できるのでしょうか。 戦力とは. 日本国憲法第9条の概要. 自衛隊をめぐっては、自衛隊の存在が憲法に違反しているのではないかとの論争が以前から繰り広げられています。いわゆる戦力の不保持論争です。まずは、論争の元となっている憲法第9条を見てみましょう。第2章の戦争の放棄に謳われています。 憲法に自衛隊について何も触れていないことは不自然極まりないことです。 安倍前首相が提唱した自衛隊についての明記は、どうしても必要です。今のままでは、命をかけて国を守っている自衛隊員の苦労が報われません。 特に日本はGHQに憲法を出して断られているのだから、押し付けられた憲法というのは明白だ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.
2020 自衛隊 戦力 憲法